抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子宮頸癌ワクチンを選ぶ
子宮頸癌ワクチン(HPV)は2種類ある。一つ目はHPVの16型と18型の二つの型に対して感染予防を持つ「サーバリックス」である。二つ目はHPV16型と18型に加えて、尖圭コンジローマの原因となる6型、11型に対しても予防効果を持つ「ガーダシル」である。
ワクチンはそれぞれが予防できる型以外のHPVには予防効果を期待できない。
十分な予防効果を得るためには、必ず同じ種類のワクチンを3回接種する必要がある。

ワクチン接種推奨年齢
接種対象年齢は9歳以上の女性。(男性には接種できない)
接種年齢に上限はないが、ガイドラインによると、10~14歳の女性最も推奨で、15~26歳の女性が次に推奨、27~45歳の女性は勧められるとなっている。

性交渉前の接種が望ましい
すでにHPV6、11、16、18型に感染している女性にワクチンを接種しても、ウイルスを排除したり、発症している子宮頸癌などの進行を遅らせたり、治療することはできない。そのため、子宮頸癌の予防はHPVに感染している可能性が低い低年齢での接種がより有効である。

性交経験があっても接種できるのか?
すでに性交経験のある女性は、ワクチンに含まれているいずれかのHPV型に感染している可能性はあるものの、未感染の型による疾患の予防効果が期待できるため、接種は可能である。
因みに、HPVワクチンは発癌性DNAを含まないHPVそっくりの粒子で作られているので、ワクチンが原因で感染することはない。

ワクチンを接種すれば子宮癌にならないか?
HPVワクチンの接種によって予防できるのは、子宮頸癌全体の約65%である。残りの約35%は、HPVワクチンに含まれていない型への感染などにより発症する。そのため、HPVワクチン接種後も20歳を過ぎたら定期的な検診が必要である。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://surveillance.blog85.fc2.com/tb.php/49-79aae7a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。