抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2012年5月29日、待望のクリゾチニブザーコリカプセル)が発売された。
クリゾチニブは、ALKの受容体チロシンキナーゼ(RTK)とその発癌性変異体(ALK融合蛋白および特定のALK変異体)に対するチロシンキナーゼ阻害薬である。2011年3月に希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定されている。

【適応】「ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」
ALK:Anaplastic Lymphoma Kinase(未分化リンパ腫キナーゼ)
【用法・用量】「通常、成人にはクリゾチニブとして1回250mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。」である。

薬価は、250mg1カプセルが1万1692.30円、200mg1カプセルが9420.80円になった。1日にかかる薬剤費は、1万1692.30円×2=2万3384.60円(約2万3000円)。1ヵ月だと、約70万円。1年間で約850万円。患者の支払額には、3割負担や高額医療で上限があるが、社会的にはかなりきびしい薬価である。


参考までに、他の肺癌治療剤(分子標的薬:内服)です。

イレッサ錠250mg(250mg錠:6526.2円
【効能・効果】EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌
【用法・用量】通常、成人にはゲフィチニブとして250mgを1日1回、経口投与する。
1日の薬剤費は6526.2円。1ヵ月だと約20万円。1年間で約240万円。

タルセバ錠150mg(150mg錠:10347円
【効能・効果】切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺癌
【用法・用量】通常、成人にはエルロチニブとして150mgを食事の1時間以上前又は食後2時間以降に1日1回経口投与する。なお、患者の症状により適宜減量する。
1日の薬剤費は10,347円。1ヵ月だと約32万円。1年間で約380万円。


ALK融合遺伝子とは、EML4(Echinoderm Microtubule associated protein-Like4)遺伝子とALK(Anaplastic Lymphoma Kinase)遺伝子が染色体転座により融合したもので、NSCLCのような癌の増殖に重要な役割を果たすと見なされている。ALK融合遺伝子は、非扁平上皮細胞癌の患者や、喫煙歴なしに、より高率に認められることが知られているが、喫煙者や扁平上皮細胞癌患者にも見られる。ALK遺伝子の変化は、年齢、性別、人種、喫煙歴などに関わりなく生じる可能性が考えられている。これまで調査では、非小細胞肺癌患者のうち、3-5%程度がALK融合遺伝子陽性であることが分かっている。


【副作用】承認時までの海外第Ⅰ相試験および国際共同第Ⅱ相試験では、副作用(臨床検査値異常を含む)が96.1%に認められている。主な副作用は、悪心(53.3%)、視力障害(45.1%)、下痢(42.1%)、嘔吐(39.6%)、便秘(27.1%)、末梢性浮腫(25.1%)などであった。また、重大な副作用としては、間質性肺炎、肝不全、肝機能障害、QT間隔延長、血液障害などが報告されている。

視力障害が45.1%ある抗癌剤も珍しい。【重要な基本的注意】には、「視覚障害(視力障害、光視症、霧視、硝子体浮遊物、複視、視野欠損、羞明、視力低下等)があらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。」と記載されている。

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.07.18 23:55  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.07.25 04:43  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.08.17 15:00  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://surveillance.blog85.fc2.com/tb.php/48-ddd8f306

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。