抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
骨髄異形成症候群(MDS)は、非常に高い確率で白血病への移行が見られる予後不良の難治性疾患(日本では難病指定)である。主な症状は、貧血による全身倦怠感、白血球減少による易感染性、血小板減少による出血傾向などであり、合併症として、輸血による鉄過剰症や多臓器障害などが挙げられる。

今回、MDSに適応を有する薬剤として、シタラビン オクホスファート水和物(スタラシド)、レナリドミド水和物(レブラミド)に続き、アザシチジン(ビダーザ)が発売された。
ビダーザは、アザシチジンとして75mg/㎡を1日1回7日間皮下投与又は10分かけて点滴静注し、3週間休薬する。これを1サイクルとし、投与を繰り返す。


それでは、身長170cm、体重60kg、体表面積1.65㎡の患者を想定して、ビダーザ1サイクルにかかる薬剤費を計算してみたいと思います。ちなみにビダーザ注射用100mg 1瓶の薬価は、49,993円です。

75mg/㎡×1.65㎡=123.75mg
49,993円(100mg/V)×2=99,986円(約10万円
このようにほとんどの患者でビダーザ注射用100mgが2瓶必要となり、約10万円/日になります。
これを7日間繰り返す訳なので、
約10万円/日×7日=約70万円/1サイクルです。
3割負担に換算しても約21万円/1ヵ月になってしまいます。


【参考】
レブラミドカプセル5mg 薬価:8,861円(1カプセル)

適応:再発又は難治性の多発性骨髄腫/5番染色体長腕部欠失を伴う骨髄異形成症候群

再発又は難治性の多発性骨髄腫
デキサメタゾンとの併用において、通常、成人にはレナリドミドとして1日1回25mgを21日間連日経口投与した後、7日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。

5番染色体長腕部欠失を伴う骨髄異形成症候群
通常、成人にはレナリドミドとして1日1回10mgを21日間連日経口投与した後、7日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。

8,861円×2= 17,722円(10mg/日)
17,722円×21日=372,162円(約37万円/1サイクル)
骨髄異形成症候群の治療には、レブラミド内服の選択肢もあり、ビザーダ治療と比べて約半分の治療費ですむことが分かったが、今回は効果については触れないでおく。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://surveillance.blog85.fc2.com/tb.php/44-f4c3d313

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。