抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CEA(癌胎児性抗原)大腸がんなど消化器系がんの診断補助、病期判定、治療効果判定、経過観察
CEAは胎児の消化管粘膜と共通の抗原性を持つ糖蛋白である。CEAは正常でも消化管、呼吸器、皮膚など上皮組織に広く発現しており、血清CEA値はこれらの悪性・良性病変、あるいは生理的変化により上昇する。CEAは腺癌で高値を示すことが多いが、扁平上皮がんや神経内分泌細胞由来のがんなどでも上昇することがある。

CA15-3(糖鎖抗原15-3)乳がんの病期判定(原発性乳癌で高値を示した場合、進行乳癌を疑う)、治療効果判定、経過観察、予後推定
CA15-3はヒト乳脂肪球膜と乳癌肝転移細胞に対する2種類のモノクローナル抗体によって認識される糖鎖抗原である。再発乳癌の発現には、CA15-3とCEAを組み合わせた測定が有用である。

CA19-9(糖鎖抗原19-9)膵がん・胆道がんなど消化器系がんの診断補助、治療効果判定、経過観察、予後推定
CA19-9は血液型抗原ルイスAにシアル酸が付加した糖鎖抗原である。CA19-9は正常でも膵管、胆管、胆嚢、唾液腺、気管支腺、前立腺、胃、大腸、子宮内膜などに発現しており、これらの癌化により大量に産生される。

SCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)扁平上皮癌を疑うときの診断補助、治療効果判定、経過観察
SCC抗原は扁平上皮の関連物質であり、正常扁平上皮細胞および扁平上皮癌細胞のどちらにも存在する。扁平上皮癌では細胞から放出されやすい亜分画が増加するため、血清SCC抗原値が上昇する。

AFP(α-フェトプロテイン)肝細胞がんなどの診断補助、治療効果判定、経過観察、予後推定
AFPは胎児期に肝と卵黄囊で産生される糖蛋白で、癌胎児性抗原のひとつである。AFPは1歳を過ぎると生体内ではほとんど産生されなくなるが、肝細胞の癌化などにより蛋白産生の調節も幼若化をきたし、再び産生されるようになる。AFPのみでは良性肝疾患との鑑別は困難である場合が多いため、経時的変化で上昇を確認するか、AFP-L3分画の測定を行う。AFPまたはPIVKA-Ⅱの定期的な測定は、肝細胞癌の早期発見を含めた慢性肝疾患の経過観察に有用である。

CA125(糖鎖抗原125)卵巣癌などの診断補助、治療効果判定、経過観察
CA125は卵巣漿液性嚢胞腺癌に対するモノクローナル抗体によって認識される糖鎖抗原である。CA125は正常でも腹膜、胸膜、心囊膜、卵管・子宮内膜などに発現しており、血清CA125値はこれらの悪性・良性病変、あるいは生理的変化により上昇する。CA125は子宮内膜症の診断補助、治療効果判定にも用いられている。

PSA(前立腺特異抗原)前立腺癌のスクリーニング、病期判定、治療効果判定、経過観察
PSAは前立腺上皮細胞から分泌される蛋白分解酵素であり、精液の液状化に関与している。PSAの多くは精液や尿に排泄されるが、一部は間質を経て血中へと移行する。血清PSA値は前立腺実質量の増加や前立腺組織の破壊などにより上昇する。加齢とともに前立腺実質量は増加し、血清PSA値も上昇するため、成人期以降の男性では健診時にPSA測定を繰り返すことは基礎値を知る上で有用であり、前立腺癌の早期発見に役立つと考えられている。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://surveillance.blog85.fc2.com/tb.php/43-e879dff1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。