抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
腫瘍マーカーとは「正常細胞ではほとんど産生されずがん細胞から特異的に産生される物質や、がん細胞が生体内にあることによって産生される物質の中で、それを生体内あるいは生体から得られた試料内に検出することによって、がんの存在、部位、種類、進行度など、がんの状態を知る指標となるもの」のこと。

しかし、腫瘍マーカーは生理状態やがん以外の良性疾患などでも上昇することがあるため、腫瘍マーカーの検査時にはこれらによる変動を考慮する必要がある。

(臨床で利用されている腫瘍マーカー検査の多くは、その感度と特異度が低く、早期がんの発見には効力を発揮できない。そのため、腫瘍マーカー検査は、主として診察および画像検査などの他の検査の結果からがんが強く疑われる場合などに行われている。がんの診断を確定するためには、画像検査や病理検査などによってがんの存在を確認すること。)


がんの種類と検診・診断で用いられる主な腫瘍マーカー

肝がん:AFP、AFP-L3分画、PIVKA-Ⅱ
膵がん:CEA、CA19-9、Dupan-2、CA50、Span-1
胆道がん:CEA、CA19-9
食道がん:CEA、SCC抗原
胃がん:CEA、CA19-9、AFP
大腸がん:CEA、CA19-9、NCC-ST-439
肺がん:CEA
腺がん:シアリルSSEA-1(SLX)、CA19-9
扁平上皮がん:SCC抗原、CYFRA21-1
小細胞がん:NSC、ProGRP
乳がん:CEA、CA15-3、BCA225、NCC-ST-439
卵巣がん:CA125、CEA、CA19-9、CA72-4、GAT、AFP
子宮頸がん:SCC抗原、CA125
子宮体がん:CA125、CA19-9
前立腺がん:PSA、PAP
膀胱がん:BTA、NMP22

臨床検査の結果を解釈する際は、臨床検査の利用目的によって用いる判断基準(基準値やカットオフ値など)が異なる。
基準値:一定の条件を満たした健常人集団が示す測定値群のこと。
カットオフ値:主に目的とする疾患群について非疾患群との判別をする際に用いられる値。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://surveillance.blog85.fc2.com/tb.php/42-96f2e16d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。