抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
悪性リンパ腫は、リンパ球(B細胞、T細胞、NK細胞)に由来する悪性腫瘍で、リンパ節が腫れ、腫瘤ができ、ホジキンリンパ腫(HL)と非ホジキンリンパ腫(NHL)に大別されます。ホジキンリンパ腫はリンパ節で発病することが多いのですが、全身のあらゆる臓器に発生する可能性があります。

病気が治癒する可能性(予後)や治療法は病期、腫脹しているリンパ節の大きさ、症状の種類、年齢、性別などによって異なります。ホジキンリンパ腫に対する有効な治療法には放射線療法と化学療法があります。他のがんに比べて、ホジキンリンパ腫は放射線療法や化学療法がよく効くがんであることが分かっています。

限局期(Ⅰ期~Ⅱ期)
標準的な化学療法としてアドリアマイシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジンによる併用療法(ABVD療法)を4コース行った後に放射線療法を追加します。

進行期(Ⅲ期~Ⅳ期)
標準的な化学療法は、アドリアマイシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジンによる併用療法(ABVD療法)です。1コースに2回(1日目と15日目)投与し、4週毎に6~8コース行われます。症状によっては、化学療法終了後に放射線療法を追加することもあります。


<ABVD療法>
ADR 25mg/㎡ day 1、15 (4週ごと)
BLM 10mg/㎡(最大15mg) day 1、15 (4週ごと)
VLB 6mg/㎡(最大10mg) day 1、15 (4週ごと)
DTIC 375mg/㎡ day 1、15 (4週ごと)

【薬剤費の計算】
今回は、身長170cm、体重60kg、体表面積1.65㎡の患者を想定して計算してみます。

アドリアシン(ADR) 25mg/㎡×1.65㎡=41.25mg
2,326円(10mg/V)×5=11,630円
ブレオ(BLM) 10mg/㎡×1.65㎡=16.5mg→最大15mg
1,979(5mg/V)×3=5,937円
エクザール(VLB) 6mg/㎡×1.65㎡=9.9mg
3,274円(10mg/V)×1=3,274円
ダカルバジン(DTIC) 375mg/㎡×1.65㎡=618.75mg
4,365円(100mg/V)×7=30,555円

よって、ABVD療法1回にかかる薬剤費は、51,396円(約5万円)です。
これを1コースに2回、限局期だと4コース、進行期だと8コース行うわけですから、
ABVD.jpg限局期:51,369円×2×4コース=411,168円(約40万円
進行期:51,369円×2×8コース=822,336円(約80万円
になります。

健康保険適応で3割負担として計算すると、限局期は約12万円(4ヵ月)、進行期は約24万円(8ヵ月)になります。
冒頭にも記したとおり、ホジキン病は治癒する可能性が高いので、経済的な負担もあると思いますが、積極的にお勧めできる治療法と考えています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://surveillance.blog85.fc2.com/tb.php/36-3aa4b32a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。