抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
平成20年9月19日、上皮成長因子受容体(EGFR)を標的とする日本初のモノクローナル抗体がん治療薬アービタックス(セツキシマブ)が、大腸がん治療薬として発売されました。アービタックスは、EGFR陽性の治癒切除不能進行・再発大腸がんのセカンドライン治療およびそれ以降の治療におけるイリノテカンとの併用療法もしくは単剤療法での使用が認められていました。

その後、様々な臨床試験によりイリノテカンとの併用療法だけでなく、FOLFIRI療法やFOLFOX療法との併用療法も認められるようになりました。

【効能・効果】
EGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん

【用法・用量】
通常、成人には週1回、セツキシマブ(遺伝子組換え)として、初回は400mg/㎡を2時間かけて、2回目以降は250mg/㎡を1時間かけて点滴静注する。なお、患者の状態により適宜減量する。


まず、身長170cm、体重60kg、体表面積1.65㎡の患者を想定し、単剤療法での薬剤費を計算してみたいと思います。

アービタックス初回:400mg/㎡×1.65㎡=660mg
35,894円(100mg/V)×7=251,258円
2回目以降:250mg/㎡×1.65㎡=412.5mg
35,894円(100mg/V)×5=179,470円

アービタックスは、毎週投与を繰り返すので、最初の1ヵ月は、251,258円×1回(初回)+179,470円×3回(2回目以降)=789,668円(約80万円)です。
2ヵ月目以降は、179,470円×4回=717,880円(約72万円)となります。
単剤療法でも薬価ベースで、毎月70万円近くかかり、3割負担に換算しても約20万円かかります。
同じ抗EGFRモノクローナル抗体製剤であるベクティビックスは、毎月、薬価ベースで約60万円、3割負担で約18万円です。初回増量することなどを勘案するとアービタックスの方が割高となる結果になりました。(お断り:効果についてはここでは検討しておりません...)

FOLFIRI療法を併用する場合は、1回の投与に73,894円を追加してください。また、FOLFOX療法を併用する場合は137,635円を追加してください。詳細は、「ベクティビックス = 2成分目の抗EGFRモノクローナル抗体製剤」をご覧ください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。