抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
胃がんは悪性腫瘍による死亡の16%(第2位)を占めており、2004年の死亡数は50,562人、1999年の罹患数は103,685人でした。人口10万人に対する死亡率は男性が53人、女性が27人です。胃がん発生に影響を及ぼすものとしてHelicobacter pylori感染、野菜や果物の摂取不足、食塩過多などがあげられます。

臨床症状は上腹部痛、食欲不振、体重減少、貧血、腹部腫瘤、嘔吐、吐血、嚥下困難などがありますが、特徴的な自覚症状はなく、無症状のまま進行がんに至るケースが多くあります。


早期胃がんの術後化学療法では、標準治療がありませんでした。欧米では術後化学放射線療法の有用性の報告がありますが、手術レベルの高いわが国では術後化学療法の必要性がなかったのです。しかし、最近の臨床試験で、早期胃がんの術後補助療法にS‐1療法が位置づけられました。

<S‐1療法>
S‐1 80mg/㎡ 分2 day 1~28 (6週ごと)

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。術後2年間服用した場合、
S‐1(ティーエスワン®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)  
847.8円(25mg/カプセル)×1+704.9円(20mg/カプセル)×2=2,257.6円×2回×28日=126,425.6円×18サイクル=2,275,660.8円/2年



切除不能・再発胃がんでは、5‐FUをベースにした比較試験が世界的に行われてきましたが、標準治療が存在していませんでした。しかし、最近の臨床試験でS‐1療法、さらにS‐1+CDDP療法の有用性が報告されました。

<5‐FU療法>
5‐FU 800mg/㎡ day 1~5 (4週ごと)

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。術後1年間継続した場合、
5‐FU 800mg/㎡×1.65㎡=1320mg(投与量)
438円(250mg)×6=2,628円×5日=13,140円×12ヶ月=157,680円/1年

奏功率11%、MST(生存期間中央値)7.1ヶ月ですが、5‐FU単剤による治療ですとあまり薬剤費がかかりません。つい最近まで標準治療でした。

<S‐1療法>
S‐1 80mg/㎡ 分2 day 1~28 (6週ごと)
早期胃がんと同じ。1,137,830.4円/1年

<S‐1+CDDP療法>
S‐1 80mg/㎡ 分2 day 1~21 (5週ごと)
CDDP 60mg/㎡ day 8 (5週ごと)

S‐1(ティーエスワン®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)  
847.8円(25mg/カプセル)×1+704.9円(20mg/カプセル)×2=2,257.6円×2回×21日=94,819.2円×11サイクル=1,043,011.2円/1年

CDDP(ランダ®) 60mg/㎡×1.65㎡=99mg(投与量)
15,970円(50mg/V)×2=31,940円×11サイクル=351,340円/1年
よって、1年間に1,394,351.2円かかります。

5‐FU療法では、約16万円/年 奏功率11%、MST 7.1ヶ月
S‐1療法では、約113万円/年 奏功率40~50%、MST 7~8ヶ月
S‐1+CDDP療法では、約140万円/年 奏功率74%、MST 12.8ヶ月

この切除不能・再発症例の化学療法は罹患率の高い日本から配信された臨床試験ですが、5‐FU療法とS‐1療法の同等性が確認されました。また、S‐1+CDDP療法はそれらを上回る結果となりましたので、今後はS‐1+CDDP療法が標準治療となっていくでしょう。
スポンサーサイト
肺がんの2004年の死亡数は59,922人で、1999年の罹患数は63,317人です。死亡数は1993年に男性で胃がんを抜いて第1位に、1998年には男女合わせて第1位になりました。リスクファクターは、なんと言っても喫煙です。他には、大気汚染、職業的暴露(アスベストなど)、慢性閉塞性肺疾患などがあります。

早期の症状では、体重減少、倦怠感、食欲低下、発熱といった一般症状から、喀痰、咳嗽、血痰、呼吸困難などがあり無症状。進行すると胸膜、胸壁浸潤による疼痛や、脳転移による頭痛、骨転移による病的骨折が現れます。

肺がんは組織学的に、小細胞肺がん(15~20%)と非小細胞肺がん(80~85%)(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、腺扁平上皮がん)に分類されます。ここでは非小細胞肺がんの化学療法にかかる薬剤費を算出します。



ステージⅠ・Ⅱの早期肺がんでは、再発予防として経口UFTによる術後化学療法を行います。

<UFT療法>
UFT 250mg/㎡/day

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。術後2年間服用した場合、
UFT(ユーエフティー®) 250mg/㎡×1.65㎡=412.5mg(投与量)  
308.2円(100mg/カプセル)×5=1,541円×2年=1,124,930円


ステージⅢAでは、MVP療法を行います。

<MVP療法>
MMC 8mg/㎡ day 1 (4週ごと)
VDS 3mg/㎡ day 1,8 (4週ごと)
CDDP 80mg/㎡ day 1 (4週ごと)

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
MMC(マイトマイシンC®) 8mg/㎡×1.65㎡=13.2mg(投与量)
516円(2mg/V)×7=3,612円
VDS(フィルデシン®) 3mg/㎡×1.65㎡=4.95mg(投与量)
14,741円(3mg/V)×1+5,391円(1mg/V)×2=25,523円×2回=51,046円
CDDP(ランダ®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)  
15,970円(50mg/V)×2+8,992円(25mg/V)×1+3,651円(10mg/V)×1=44,583円

よって、1サイクルの投与に99,241円かかります。これを4サイクル繰り返すと、99,241円×4=396,964円です。切除後5年生存率はステージⅠで70%、ステージⅡで50%、ⅢA期では20~30%程度であることを考えると高額に感じます。



ステージⅢB・Ⅳでは、白金製剤を含む2剤併用療法を行います。一般的にTC療法を行いますが、GP療法、NP療法、DC療法、IP療法など、白金製剤をベースにした化学療法では効果に差がないと報告されています。

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。さらに今回はCBDCA(パラプラチン®)を使用するので、年齢65歳、血清クレアチニン0.6mg/dLに設定し、腎機能が正常なクレアチニンクリアランス(Ccr)100mL/minの患者を想定し薬剤費を算出します。

<TC療法>
CBDCA AUC6 day 1 (3週ごと)
PTX 200mg/㎡ day 1 (3週ごと)
4サイクル

CBDCA(パラプラチン®) AUC×(Ccr+25)=6×125=750mg(投与量)
49,959円(450mg/V)×1+19,326円(150mg/V)×2=88,611円
PTX(パクリタキセル®) 200mg/㎡×1.65㎡=330mg(投与量)
43,768円(100mg)×3+14,795円(30mg)×1=146,099円

よって、1サイクルに234,710円かかり、これを4回繰り返すので、234,710円×4サイクル=938,840円となります。

<GP療法>
CDDP 80mg/㎡ day 1 (3週ごと)
GEM 1000mg/㎡ day 1,8 (3週ごと)
4サイクル

CDDP(ランダ®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)
15,970円(50mg/V)×2+8,992円(25mg/V)×1+3,651円(10mg/V)×1=44,583円
GEM(ジェムザール®) 1000mg/㎡×1.65㎡=1650mg(投与量)
26,416円(1000mg)×1+5,646円(200mg)×4=49,000円 ×2回=98,000円

よって、1サイクルに142,583円かかり、これを4回繰り返すので、142,583円×4サイクル=570,332円となります。

<NP療法>
CDDP 80mg/㎡ day 1 (3週ごと)
VNR 25mg/㎡ day 1,8 (3週ごと)
4サイクル

CDDP(ランダ®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)
15,970円(50mg/V)×2+8,992円(25mg/V)×1+3,651円(10mg/V)×1=44,583円
VNR(ナベルビン®) 25mg/㎡×1.65㎡=41.25mg(投与量)
26,359円(40mg)×1+7,357円(10mg)×1=33,716円×2回=67,432円

よって、1サイクルに112,015円かかり、これを4回繰り返すので、112,015円×4サイクル=448,060円となります。

<DC療法>
CDDP 80mg/㎡ day 1 (3~4週ごと)
DTX 60mg/㎡ day 1 (3~4週ごと)
4サイクル

CDDP(ランダ®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)
15,970円(50mg/V)×2+8,992円(25mg/V)×1+3,651円(10mg/V)×1=44,583円
DTX(タキソテール®) 60mg/㎡×1.65㎡=99mg(投与量)
70,893円(80mg/V)×1+20,600円(20mg/V)×1=91,493円

よって、1サイクルに136,076円かかり、これを4回繰り返すので、136,076円×4サイクル=544,304円となります。

<IP療法>
CDDP 80mg/㎡ day 1 (4週ごと)
CPT‐11 60mg/㎡ day 1,8,15 (4週ごと)
4サイクル

CDDP(ランダ®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)
15,970円(50mg/V)×2+8,992円(25mg/V)×1+3,651円(10mg/V)×1=44,583円
CPT‐11(トポテシン®) 60mg/㎡×1.65㎡=99mg(投与量)
8,520円(40mg)×3=25,560円×3回=76,680円

よって、1サイクルに121,263円かかり、これを4回繰り返すので、121,263円×4サイクル=485,052円となります。

ステージⅣで化学療法を受けた場合、生存期間中央値(MST)は8~10ヶ月、1年生存率は30~40%程度です。TC療法(約93万円)・GP療法(約57万円)・NP療法(約44万円)・DC療法(約54万円)・IP療法(約48万円)と薬剤費に差があるのに効果には差がないのであれば、経済的苦痛から逃れるためにも治療法の選択は患者に委ねるべきだと思います。



再発時の2次化学療法として有用性が示されている治療法は、DTX単剤療法とゲフィチニブ内服療法です。

<DTX療法>
DTX 60mg/㎡ day 1 (3週ごと)

DTX(タキソテール®) 60mg/㎡×1.65㎡=99mg(投与量)
70,893円(80mg/V)×1+20,600円(20mg/V)×1=91,493円

よって、1サイクルに136,076円かかり、これを4回繰り返した場合、91,493円×4サイクル=365,972円となります。

<イレッサ®療法>
イレッサ® 250mg/day 連日投与

ゲフィチニブ(イレッサ®) 6,774.4円(250mg/錠)

1年間飲み続けたとした場合、6,774.4円/日×365日=2,472,656円となり、かなり高額です。ゲフィチニブは急性肺障害、間質性肺炎の副作用で問題となりましたが、東洋人(日本人)には効果があるとされており、副作用に十分気を付けながら使用することで有用な結果が得られると報告されています。
肺がんの2004年の死亡数は59,922人で、1999年の罹患数は63,317人です。死亡数は1993年に男性で胃がんを抜いて第1位に、1998年には男女合わせて第1位になりました。リスクファクターは、なんと言っても喫煙です。他には、大気汚染、職業的暴露(アスベストなど)、慢性閉塞性肺疾患などがあります。

喫煙による肺がんへの影響を計る指数として喫煙指数(pack-years)があります。これは1日の喫煙本数/20(本)×喫煙年数(年)で計算され、30pack-years以上だと高リスク群に分類されます。
1日30本のタバコを20年間吸っていたら、30pack-yearsと言うことになります。

早期の症状では、体重減少、倦怠感、食欲低下、発熱といった一般症状から、喀痰、咳嗽、血痰、呼吸困難などがあり無症状。進行すると胸膜、胸壁浸潤による疼痛や、脳転移による頭痛、骨転移による病的骨折が現れます。

肺がんは組織学的に、小細胞肺がん(15~20%)と非小細胞肺がん(80~85%)(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、腺扁平上皮がん)に分類されます。ここでは小細胞肺がんの化学療法にかかる薬剤費を算出します。



小細胞肺がんでは生物学的特性と治療法を考慮し、LD(限局型)とED(進展型)に分類されます。LD型は病巣が片側胸郭内に限局し、根治照射可能な範囲内に腫瘍が収まっている状態です。治療は、PE療法と放射線療法を併用することがあります。

<PE療法>
CDDP 80mg/㎡ day 1 (4週ごと)
ETP 100mg/㎡ day 1~3 (4週ごと)
4サイクル

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
CDDP(ランダ®) 80mg/㎡×1.65㎡=132mg(投与量)  
15,970円(50mg/V)×2+8,992円(25mg/V)×1+3,651円(10mg/V)×1=44,583円

ETP(ラステット®) 100mg/㎡×1.65㎡=165mg(投与量)
7,575円(100mg/V)×2=15,150円 ×3回=45,450円

よって、1サイクルに90,033円かかり、これを4回繰り返すので、90,033円×4サイクル=360,132円となります。



ED型は、LD型の範囲を越えて腫瘍が進展している状態で、IP療法を行います。

<IP療法>
CDDP 60mg/㎡ day 1 (4週ごと)
CPT‐11 60mg/㎡ day 1,8,15 (4週ごと)
4サイクル

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
CDDP(ランダ®) 60mg/㎡×1.65㎡=99mg(投与量)  
15,970円(50mg/V)×2=31,940円

CPT‐11(トポテシン®) 60mg/㎡×1.65㎡=99mg(投与量)
8,520円(40mg/V)×3=25,560円 ×3回=108,620円

よって、1サイクルに140,560円かかり、これを4回繰り返すので、140,560円×4サイクル=562,240円となります。

2001年の小細胞肺がんの治療成績では、LD型で奏功率95%、MST(生存期間中央値)28ヶ月でした。ED型は奏功率85%、MST10ヶ月とあまり良い予後とは言えない状況です。
大腸がんの発生は生活の豊かさに関係していると言われ、日本も世界の罹患率上位国にランキングしていますが、高い治癒率であるという特徴もあります。欧米で罹患率が低下していく一方、本国の検診受診率は約75%であり、受診率を上げることが今後の課題になっています。

大腸がんの2004年の死亡数は26、472人で、1999年の罹患数は62,197人です。同じく直腸がんの死亡数は13,570人で、罹患数は32,295人です。これらの数字は現在でも増加しており、大腸がんの死亡率は男性では肺がん、胃がん、肝がんについで第4位、女性では第1位になります。

リスクファクターには肥満、炎症性腸疾患、糖尿病、家族歴などがあり、赤身肉、アルコール、喫煙などもリスクを上げると言われています。血便、貧血、便通異常、腹痛といった症状がみられれば大腸がんを疑います。


>>大腸がん(ステージ0~Ⅲ)はこちらです! 

大腸がん(ステージⅣ・再発)の治療は、肝、肺、脳転移などで切除可能であれば切除します。切除不能で全身状態が一定以上に保たれる場合は、全身化学療法を行います。現在、ファーストラインと考えられている抗がん剤治療はFOLFIRI療法・FOLFOX療法です。これらの治療法はインフューザーポンプを利用した持続静注を行うため、体の内部にポートを埋め込む簡単な手術が必要です。

<FOLFIRI療法>
CPT‐11 180mg/㎡ day 1 (2週ごと)
l‐LV 200mg/㎡ day 1 (2週ごと)
5‐FU 400mg/㎡ day 1 (2週ごと)
5‐FU(持続静注) 2400mg/㎡ day 1 (2週ごと)

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
CPT‐11(トポテシン®) 180mg/㎡×1.65㎡=297mg(投与量)
8,520円(40mg/V)×8=68,160円
l‐LV(アイソボリン®) 200mg/㎡×1.65㎡=330mg(投与量)
11,283円(100mg/V)×3+3,185円(25mg/V)×2=40,219円
5‐FU 400mg/㎡×1.65㎡=660mg(投与量)  
438円(250mg/A)×3=1,314円
5‐FU(持続静注) 2400mg/㎡×1.65㎡=3960mg(投与量)  
438円(250mg/A)×16=7,008円

よって1回の投与に116,701円かかります。FOLFOX療法へ切り替えるにしても、副作用などで継続困難とならない限り半年は継続しますので、116,701円×12回=1,400,412円になります。


<mFOLFOX6療法>
L‐OHP 85mg/㎡ day 1 (2週ごと)
l‐LV 200mg/㎡ day 1 (2週ごと)
5‐FU 400mg/㎡ day 1 (2週ごと)
5‐FU(持続静注) 2400mg/㎡ day 1 (2週ごと)

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
L‐OHP(エルプラット®) 85mg/㎡×1.65㎡=140.25mg(投与量)
72,768円(100mg/V)×2=145,536円
l‐LV(アイソボリン®) 200mg/㎡×1.65㎡=330mg(投与量)
11,283円(100mg/V)×3+3,185円(25mg/V)×2=40,219円
5‐FU 400mg/㎡×1.65㎡=660mg(投与量)  
438円(250mg/A)×3=1,314円
5‐FU(持続静注) 2400mg/㎡×1.65㎡=3960mg(投与量)  
438円(250mg/A)×16=7,008円

よって1回の投与に194,077円かかります。代表的な副作用である神経障害で悩まされない限り継続しますので、半年で194,077円×12回=2,328,924円となります。

再発・転移大腸がんの化学療法では、FOLFIRI療法・mFOLFOX6療法がファーストラインと考えられていますが、どちらを先にやっても延命効果に差がないと報告されています。そのため、副作用や経済的なことを考えて、FOLFIRI療法を先に行う傾向があります。

今回は半年で薬剤費を算出しましたが、これらの化学療法では2年近くの延命効果を期待することが出来ます。単純に4倍すると、FOLFIRI療法では約560万円、mFOLFOX6療法では約930万円です。精神的苦痛、肉体的苦痛にさらに経済的苦痛が覆い被さることになりそうです...
大腸がんの発生は生活の豊かさに関係していると言われ、日本も世界の罹患率上位国にランキングしていますが、高い治癒率であるという特徴もあります。欧米で罹患率が低下していく一方、本国の検診受診率は約75%であり、受診率を上げることが今後の課題になっています。

大腸がんの2004年の死亡数は26、472人で、1999年の罹患数は62,197人です。同じく直腸がんの死亡数は13,570人で、罹患数は32,295人です。これらの数字は現在でも増加しており、大腸がんの死亡率は男性では肺がん、胃がん、肝がんについで第4位、女性では第1位になります。

リスクファクターには肥満、炎症性腸疾患、糖尿病、家族歴などがあり、赤身肉、アルコール、喫煙などもリスクを上げると言われています。血便、貧血、便通異常、腹痛といった症状がみられれば大腸がんを疑います。


大腸がん(ステージ0~Ⅲ)は手術による切除が基本です。治癒切除の行われた症例に対して再発予防で術後補助化学療法を行います。ステージⅡ以下の症例に対しては再発リスクが高い場合を除いて行わず、ステージⅢでは5‐FU/l‐LV療法を行います。経口抗がん剤(UFT/LV)による術後補助化学療法でも同等の効果が報告されています。

<5‐FU/l‐LV療法>
5‐FU 500mg/㎡ day 1,8,15,22,29,36 (8週ごと)
l‐LV 250mg/㎡ day 1,8,15,22,29,36 (8週ごと)
3サイクル

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
5‐FU 500mg/㎡×1.65㎡=825mg(投与量)  
438円(250mg/A)×4=1,752円

l‐LV(アイソボリン®) 250mg/㎡×1.65㎡=412.5mg(投与量)
11,283円(100mg/V)×4+3,185円(25mg/V)×1=48,317円

よって1回の投与に50,069円かかり、これを全部で6回繰り返し3サイクル行うので、50,069円×6回×3サイクル=901,242円となります。


<UFT/LV療法>
UFT 300mg/㎡ 分3 day 1~28 (5週ごと)
LV 75mg/day 分3 day 1~28 (5週ごと)
5サイクル

身長170cm、体重60kgの男性の場合、体表面積は1.65㎡になります。
UFT(ユーエフティー®) 300mg/㎡×1.65㎡=495mg(投与量)
308.2円(100mg/カプセル)×5=1,541円×28日=43,148円×5サイクル=215,740円

LV(ロイコボリン®) 75mg(投与量)
2,304.5円(25mg/錠)×3=6,913.5円×28日=193,578円×5サイクル=967,890円

よって1サイクル236,726円かかり、これを全部で5サイクル行うので、1,183,630円となります。

早期大腸がんの術後に再発予防で行う術後補助療法は、効果としては同等と報告されています。毎週通うことになる5‐FU/l‐LV療法(点滴)と通院の手間がないUFT/LV療法(内服)では、LV製剤が高額なことから経済面での差がありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。