抗がん剤治療にかかる費用(薬剤費)

基本的に日々の業務の中での覚え書きになります。がん薬物療法における安全性や薬剤費(薬価)の概算などを中心に記載していますが、抗がん剤治療を受けている患者さまの経済的不安の解消につながれば幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アバスチン(Genentech/中外製薬、主成分:ベバシズマブ)は、がんに対する新しい分子標的薬です。臨床試験でアバスチンの抗がん剤増強作用が確認され、日本でも2007年4月より発売されました。しかし、国内での治験症例が極めて限られていることから、一定数のデータが集積されるまでは市販後調査が実施されます。

アバスチンの標的となる分子は、VEGF(血管内皮増殖因子)というたんぱく質です。VEGFは血管の細胞を増殖させる働きを持っており、VEGFの分泌が起こる部位に血管が伸びたり、新しい血管ができたりします。この現象を血管新生といいます。アバスチンは、この血管新生を抑制することで、がんの増殖を抑えます。

血管新生とがんは深く関連しています。がん細胞は通常の細胞に比べて増殖速度が速く、多くの栄養分を必要とします。そのため栄養分を吸収するために、がん細胞はVEGFを分泌して血管をがん細胞のところまで誘導します。つまりがん細胞への血管新生が起こるわけです。

アバスチンは、VEGFと特異的に結合するたんぱく質(モノクローナル抗体)です。VEGFによる血管新生が起こるためには、VEGFがVEGF受容体と呼ばれるたんぱく質に結合しなくてはいけません。アバスチンは、VEGFと結合して、VEGFがVEGF受容体に結合できないようにします。アバスチンによって血管新生が抑えられると、がん細胞に血管が届きにくくなり、がん細胞の増殖速度が低下します。


アバスチンは、がん細胞の増殖をおさえる働きがあります。しかし、アバスチンだけではがんを小さくすることはできません。がんを小さくさせるには、FOLFIRI、FOLFOXなど、これまで使われてきた抗がん剤との組み合わせが必要です。

臨床試験により安全性が確認されている併用抗がん剤としては、FOLFOX4、IFL、l-LVですが、通常はFOLFIRI、mFOLFOX6と併用されます。用量は5mg/kgと10mg/kgが設定されていますが、今のところ一次治療として5mg/kgで投与されます。

国内では承認時までに18例しか臨床試験を行っていないため、市販後調査2500例を目標にしているようです。もし、その間に重大な副作用が問題になろうものなら、世の中からアバスチンが抹殺されてしまうかもしれません。そのため、あまり状態の良くない患者さんには使用を制限されています(PS 0~1のみ)。


ここで気になる治療費ですが、アバスチンは2週間おきに投与します。
体重60kgの場合、1回の投与量は、
5mg/kg×60kg=300mg
50,291円(100mg)×3=150,873円です。

アバスチンは単独で投与されることはありませんので、FOLFIRI(約200,000円)、FOLFOX(約400,000円)と併用すると、約35~55万円かかることになります。この治療法により2年近くの延命効果があることを考えると約35~55万円×50回=約1750~2750万円かかることになります。

もちろん医療費は3割負担となり、高額医療で返還されますが、それでも外来化学療法で点滴するときは包括医療の対象になりませんので、約55万円(FOLFOX+アバスチン)の場合、3割負担分の16万5000円は一時的に現金を用意しなければなりません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。